格安航空Scootのマイルをシンガポール航空に事後加算する方法

シンガポール航空のマイルは、シンガポール航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー(KrisFlyer)」です。

格安航空会社 Scoot(スクート)は、シンガポールにあるチャンギ国際空港を拠点にしており、シンガポール航空グループであるため、クリスフライヤーでマイルを貯めることができます。

基本的な手順は以下の通りです。

  1. こちらからクリスフライヤーの会員登録を行う。
  2. Scootのフライトを予約する。
  3. 予約時にクリスフライヤーの会員番号を入力する。

先にクリスフライヤーのアカウントを作っていれば、Scootにログインしてから予約する際に会員番号を入力することで、自動的にマイルが加算されます。

ただScootで航空便を予約して、後からクリスフライヤーにマイルを加算しようとすると、すこし難しいんです…

ここからは、Scootで搭乗した後にマイルをシンガポール航空(クリスフライヤー)に事後加算する方法をご紹介します。ちなみにマイルの事後加算は、搭乗から6ヶ月以内であれば可能です。

Scootに搭乗後にマイルを事後加算する方法

  1. まずこちらからクリスフライヤーのアカウントを作ります。
  2. マイル>事後加算マイルの申請から、搭乗した便の情報を提出します。※ログインするとこちらのリンクから直接飛べます
  3. 航空会社:Other Airline/Scoot を選択し、便名:フライトの番号を入力します。このとき、チケット番号ではなく先に便名から入力することで、チケット番号が必須ではなくなります。

以降は表示に沿って入力していけば、申請完了です。

3の仕様がとてもわかりにくいので、困っている人も多いのではないでしょうか?

Scootの人(チャット)は「Scootでチケット番号は発行していません」って言うし、シンガポール航空の事後加算フォームはチケット番号を入力しないと先に進めないし…

マイル加算はすべてシンガポール航空側で行われます。Scootに問い合わせても何もできないので注意です。

私の場合は2週間くらい試行錯誤した後に、シンガポール航空に問い合わせて解決したのですが、担当者の人も「分かりづらい表記となっており、申し訳ございません…」とおっしゃっていました。

※シンガポール航空のお問い合わせ先はこちら(メールまたはチャットが使えます)

無事にマイルが加算されました

シンガポール航空は、とても対応が早いです。2週間以上かかると書かれていましたが、この時は申請して3日でマイル加算のメールが届きました。

ほかの航空会社のマイルだと、領収書や搭乗券のコピーを求められることがあるのですが、クリスフライヤーは特になにも提出するものはありませんでした。

でもオンラインのチケットや印刷された搭乗券は、マイル加算ができるまで捨てずに持っておくのがいいですね。

0
BACK / HOME